丸いぷくの日記

統合失調症持ちのぷくが自分の実体験や日常生活などを気ままに書くブログです。

初の朝活にて一日の行動計画をたてました

 朝をすっきりしゃっきりと起床し、朝活をするという目標にむけてあれこれしておりましたが、今朝やっと起床後に朝活をできました。

昨日計画を立てたとおり、朝起きたらゲームをするという楽しみを朝活にくみこむ作戦が見事成功しました。

今朝はしっかり起床後にゲームをして、すっきりとした気持ちで朝を迎えることができました。

やはり、嫌な気持ちやプレッシャーにまみれた気持ちで朝を迎えると、布団からでるのも一苦労となるようです。

今日は朝を時間と気持ちに余裕を持って過ごせたので、朝活にてゲームだけでなく一日の行動計画立てもしてみました。

余談ですが、バレットジャーナルなど手帳の書き方には色々なものがありますね。

自分もバレットジャーナルを実践したことがあるのですが、自由に書いたりカスタマイズできることが逆に負担になってまだ自分にはできる段階ではなかったようです。

そこで、行動計画のたてかたは自分なりの方法でやってみました。

今日はその通りにだいたいできたので、ちょっと紹介してみたいと思います。


一日の起床から就寝までの時間を振り分ける

自分は6時におきたので、6時、7時、8時……0時と書いていきます。

縦に時間を書いていき、時間の横に行動を書いていきます。


決まっている予定を書いていく

ふりわけた時間に、予定された(決まっている)行動を書いていきます。

例えば自分は昼からB型に行くと決まっているので、13時~15時までB型と書きました。

時間がわかっている箇所から予定を埋めていきます。


生活の予定(食事、洗濯、掃除、片付け、風呂等)を埋めていく

固定の予定というか、自分の生活の予定はだいたい決まっているでしょうから、それもふりわけていきます。


空いている時間帯にやりたいことをいれていく

ここまで書いていくと、だいたい自由にできる時間帯がでてくるとおもいます。そこにやりたいことややることなどをふりわけていきます。
読書やちょっとした勉強、またはゲームを遊ぶ時間など、自分のやりたいことややるべきことを書いていきます。

 

 

 

朝にこのように行動計画を立てていくと、何をしなければならないのかとか、やりたいことは何なのかを視覚的に確認できます。
また終わった予定や行動は斜線をひいたりシールを張ったりしていくと、やり残したことをパッと把握もできます。

私は物忘れも激しいため、やることややりたいことをちょっとした休憩の時間に確認して忘れてないか調べています。


時間の管理が得意な方には不必要な今更なことだったかもしれませんが、もし、行動計画の立て方に苦戦されているかたは試してみてくださるとうれしいです。

まだまだ、ぷくは朝活初心者ですが、今後も引き続いて実践していけるよう頑張りたいと思います。楽しく実践していきたいですね♪


それではここまでみてくださりありがとうございました!